システム

自社への誹謗中傷は風評被害対策で改善|GMOのSEO対策

迅速に効果が現れる

パソコンを操作するウーマン

風評被害対策を行なう会社では、逆SEOと呼ばれる手法を用いて、企業の評価下落を阻止します。SEOといえば、ネットでの特定のサイトの上位表示率を高める手法です。逆SEOでは、ネット上でクライアントに関するネガティブな内容を記載するサイトの順位を下げることを行ないます。検索エンジンでの上位表示率が下がれば、当然ネガティブなサイトを見る人は少なくなります。トップページにたくさんのネガティブサイトが表示されている状況であれば、関連する会社についてよく知らない人でも、会社に対して悪い印象を持つでしょう。逆SEOによってトップページからネガティブサイトを一掃できれば、検索した人の印象を下げずにすむことから、高い風評被害対策の効果が得られるでしょう。

SEO対策を行なう会社では、クライアントの企業に関して、ポジティブな内容を記載するサイトを数多くアップすることで、ネガティブな記述があるサイトを表示させにくくします。ネガティブなサイトよりも品質のよいサイトを多く上位表示させるので、相対的にネガティブなサイトは目立たなくなるのです。他にも、SEO対策を行なう会社では、ネガティブな内容を記載する書き込みの削除要請をすることで風評被害対策を行ないます。ネットでの掲示板やその内容を取り扱うまとめサイトなど、人気のサイトにネガティブな内容が記載された場合、上位表示率の高さからネガティブな内容がトップページに表示されてしまいます。問題となる書き込みや、まとめサイトが扱う内容の削除を行なうことで、ネット検索でもネガティブな内容が見られなくなるでしょう。ネガティブな書き込みの削除による根本原因への対処をすると同時に、SEO対策によりポジティブなサイトを多く表示させることで、翌日から二日後には風評被害対策の効果が発揮されるのです。