IT

自社への誹謗中傷は風評被害対策で改善|GMOのSEO対策

書き込む人物の特定

パソコン

情報化社会によって、大抵の情報はネットを活用することで簡単に手に入る時代となりました。しかしながら、ネットの多くは匿名での情報の送信が行なわれており、無責任な噂レベルの情報をさも事実であるかのように語られているのも実情です。無自覚で誤情報を送信している人もいれば、悪意をもって掲示板などに書き込みを行なう人もいます。自らの自己顕示欲を満たすため、特定企業に対して誹謗中傷に近い書き込みを行なう人も多いものです。そういった人が送信した情報が一人歩きし、やがて企業の経営状況を揺るがすほどの風評被害となる場合もあるのです。ネット上で書かれた誹謗中傷は、簡単に対処することができません。ネガティブなサイトへ直接ペナルティを加え、サイトから消してしまえばいと多くの人は考えます。しかし、逆にそのことによってユーザーの興味を引いてしまい、却ってネガティブなサイトが増えるストライサンド効果が現れてしまうため、注意が必要となります。風評被害対策を行なうならば、逆SEOを専門とする会社に依頼するとよいでしょう。あらゆる媒体にポジティブなサイトをアップすることで、ネガティブなサイトを検索結果から追い出すことができるのです。

誹謗中傷を行なう人の中には、常習的にさまざまなサイトへ企業への悪評を語る人もいます。その多くが有名企業を貶めることで、ネガティブなサイトが検索上位に上がることを楽しんでいる人ですが、中には競合他社の社員がわざと悪評を流して風評被害を与えていることもあるのです。そこで逆SEOを行なう会社では、IPアドレスからクライアント企業へ悪評を流布する人物を特定します。近年ではプロバイダ責任制限法と呼ばれる規定も制定されているので、プロバイダに誹謗中傷による問題を申し立てることで、IPアドレスから悪質な書き込みを執拗に行なう人物を洗い出してくれるでしょう。ネット上で風評被害を与える根源である人物を追い出しさえすれば、今後ネガティブな書き込みがされることもなくなるため、高い風評被害対策の効果が得られるでしょう。

アクセス数が向上する

システム

自社ホームページや広告サイトのアクセス数を増やすためには、GMOのような評価の高いSEO会社からのサポートが不可欠です。効率的な外部施策を行なうと同時に、質のよい内部施策によって高い上位表示率を約束してくれます。

Read More